教育支援


医学教育研究センターではITによる教育支援を行っています。現在稼働しているシステムは電子シラバスシステム(Moodle)、問題プールシステム(K-Camellia)、ファイル共有システム(NextCloud)です。

1. 電子シラバス(Moodle)システム

Moodle利用の際には利用申請が必要です。[利用規約]を熟読の上、[利用申請書]または[オンライン(学内専用]より利用申請を行ってください。

2. 問題プール (K-Camellia)システム

K-CamelliaへのアクセスURL(住所)は医学部教務課(0942-31-7528 / 内線:3021)または、当センター(0942-31-7764 / 内線:3068)までお問い合わせください。

K-Camelliaで各科試験を作成・管理する際のフォーマット作成は以下から行えます(学内専用)。

3. ファイル共有(NextCloud)システム

講義や会議などで使用するファイルを共有することができます。[利用規約]を熟読の上、[利用申請書]または[オンライン(学内専用]より利用申請を行ってください。

 

電子シラバス(Moodle) の利用方法

医学教育研究センター教育用サーバ(以下、教育用サーバ)は久留米大学職員(教員・事務)および学生を対象として、教育に関わる情報を公開するためのサーバです。ご利用の際には、[利用規約]を熟読の上、下記の手順に従って利用申請を行ってください。

<利用申請>

[利用申請書]または[オンライン(学内専用]より利用申請を行ってください。
申請後、数日(2-3日かかる場合があります)以内に設定が完了し担当者宛に学内便またはCSMEシステムからの自動メールにて利用アカウントとPASSWORDを返信いたします。

<管理用ログイン>

IDとPASSWORDを得たらご使用のブラウザにURLを入力してアクセスします。
移動後のURLをブラウザにブックマークしてください。
https://csme2.kurume-u.ac.jp/moodle/

メールで受け取ったIDとパスワードを入力してログインをしてください。学外からもアクセスできます。

ログインすると下記のようなダッシュボードが表示され、登録されているコースが表示されます。

m2

これでmoodleへのファイルのアップロードや公開ができるようになりました。

資料のアップロード方法については「こちら(PDF)」をご参照ください。

その他、利用に際して不明な点や質問がありましたら、医学教育研究センター(内線:3068)までご連絡ください。